不動産情報

不動産売却で本当に重要のこと!事前チェック必須!

今住んでいる家や部屋を売却するには様々な理由があります。いざ売却しようと動き出し、不動産会社へ訪れてみるものの専門用語や思っていた金額ではなかったりと色々な問題が生じてきます。そんな問題が生じないように、事前に済ませておくことやスムーズに売却できる方法をご紹介します。

そもそも不動産売却とは何をするの?

出産、転勤、転校、ローン完済への不安など様々な理由で持ち家、部屋を売却することになった時。とりあえず不動産会社へ相談と思っている方は多いかと思います。
ですが、まず準備が必要です!

その1 まず見積もりを複数社で!

不動産会社を選ぶときに始めに1社に絞ってしまってはいけません。
その査定額が相場に相応しい金額か、またその不動産会社の信頼度や実績が良いものなのか、など比較対象がないとわからないことが多いのです。

基本的に査定はどこの不動産会社でも無料で行っています。
何社か訪ねる時間があるのであれば大手や地域密着型など不動産会社によって特色も違うため、数社訪ねることがおすすめです。

その2 査定の方法を決める!

不動産売却時に金額の見積もりを出してもらう査定には主に2種類があります。

机上査定

最近では机上査定が人気あるようです。電話やインターネットで査定依頼のやり取りをする方法です。簡易査定とも呼ばれていて、「まだ本当に売却するか決まっていない」、どれくらいの金額になるのかだけ知りたいなどおおよその査定額を知るだけなら十分です。
ですが実際に家に来て室内を確認してもらうわけではなく、あくまで文字や電話だけの情報になるので実際に売却するとなった際に査定額が大幅に変わる可能性も少なからず出てきます。

詳細査定

実際に不動産会社の担当者が訪ねて来て、室内の様子を確認する査定方法です。物件を実際に売却する際の金額と変わらない金額提示をしてもらえるので、売却を急いでる方にはおすすめです。ただもちろん立ち合いが必要なので日程の調節やある程度室内を綺麗にしておかなければいけません。また不動産会社によっては査定結果を会社に持ち帰る場合もあるため、結果に数日かかる可能性もありますので要注意です。

その3 相続や税金の問題を確認!

不動産を売却する際、売却額が希望額よりも大きくなったり、得をしても税金の部分で後から大きな損をしてしまう可能性があります。
例えば賃貸に力を入れている不動産や売買に重視していない不動産会社だと相続や税金の知識が薄い場合があります。所有期間によっても税率が異なったり取得費がわからなければ市街地価格指数という手法で税額を抑えられたりと少しの工夫で税額を抑えられるため、
1社だけに頼らずに、グループに税理士事務所があったり、顧問税理士を抱えている不動産会社を選ぶことがおすすめです

その4 実際に売却する際は複数社同時に!

査定を済ませ、相続や税金問題を確認し終えた後、実際に売却する!となった際、複数社に同時に売り出すことがおすすめです。
中小、大手に関わらず数社で同時に販売する方が色々なパターンや金額など、最適な条件に出会える可能性が増します。

例えば賃貸ニーズがあると判断してもらば、毎月一定の家賃収入として収入を得ることもあります。
高値で売れると判断してもらえば売買ではなく不動産会社自体が買い取ってくれるパターンもあり、業者の買い取りは多くて数百万円の違いが出てくることが当たり前です。
担当者の対応で選ぶこともできますし、とにかく複数社同時に販売することがおすすめです。

売却物件の情報をしっかり把握する!

売却をするにあたって、最も重要なことは今売り出そうとしている物件の情報をしっかり把握しておくことです。

間取り
物件種別(マンション、戸建て、アパート)
築年数
面積
現状(空き家、居住中)
リフォームの可否

この物件にはこんな良いところが!と勧めらる点と実際の室内の現状で金額が大きく変わってきます。何が買い手のニーズにはまるかわかりません。しっかりと売却する物件の情報を把握しておくことが何よりも重要です。